お問い合わせは:03-5720-1217

相続のキホン① ~代襲相続とは~ (2020.10.15)

【相続のキホン① ~代襲相続とは~ 】

相続』という一言の中に、様々な法律や用語、考え方が登場します。

これまでに多くのトピックスを掲載しましたが、「そもそも、これってどんな考え方なの?」と疑問に思う方も、実は大多数いらっしゃるのではないでしょうか。

今回から不定期で『相続のキホン』とも呼べる法律や用語について取り上げていきたいと思います。

 

≪『代襲相続』とは??≫

代襲相続とは、本来であれば相続人である人が、被相続人よりも以前に死亡していた場合に、その方の子供(養子含む)が代わりに相続人になることです。

 

代表的な例としてパターン①を見てみましょう。

Aが被相続人である場合、本来の相続人はBとCです。

しかし、図のようにBがAよりも以前に亡くなっていた場合は、死亡している人は相続人となることができないので、EがBの代わりに相続人になります

代襲される人(上記例ではC)のことを被代襲者といい、代襲する人(上記例ではE)のことを代襲者と言います。

 

≪代襲相続が発生するケース≫

●被代襲者が被相続人の子である場合

上記代表的なパターンがこれにあたります。

 

●被代襲者が被相続人の兄弟姉妹である場合

パターン②のように両親が既に亡くなっている状況で、相続人であるBも先に亡くなっている場合、CがBを代襲してAの相続人になります。

 

≪代襲相続の範囲≫

●被代襲者が被相続人の子である場合

数は多くないですが、ご長寿家系で子・孫が先に亡くなっているケースも実在します。

パターン③のように、CとEがともにAよりも先に亡くなっていた場合には、Eの子Fが代襲相続によってAの相続人となります。

このように被代襲者が被相続人の子である場合には、理論的には何代まででも続いて代襲相続が起こります

 

●被代襲者が被相続人の兄弟姉妹である場合

被代襲者が被相続人の兄弟姉妹である場合、代襲相続は一代に限って起こり、その後の再代襲はありません。

Aよりも先にBが亡くなっていた場合、Bの子のDは代襲相続によって相続人となることができます。

しかしパターン④のように、Aよりも以前にBとDがともに亡くなっていた場合でも、Dの子のFはAの相続人になることができません

 

≪代襲相続が発生しないケース≫

●被代襲者が被相続人の配偶者である場合

パターン⑤のケースを見てみましょう。

両親が先に亡くなっていて、被相続人Eの配偶者Bも先に亡くなっています。

一見するとCがBを代襲してEの相続人になれそうですが、被代襲者が被相続人の配偶者の場合は代襲相続が発生しません

 

≪代襲相続人の相続分≫

代襲相続人は被代襲者と同じ地位で相続人となります。

例えば、2分の1の相続分を持つCが先に亡くなっていた為に、孫であるEが代襲相続する場合には、Eの相続分は2分の1となります。

孫が2人いる場合には、2分の1を2分の1ずつに分けるので、それぞれの孫の相続分は4分の1となります。

つまり、代襲相続人の数が多くなれば、その分、1人の相続分は少なくなります

 

≪相続放棄の場合、どうなる?≫

代襲相続は、被代襲者が被相続人よりも先に亡くなっていた場合だけでなく、

●被代襲者が相続欠格者である場合
●被代襲者が廃除されている場合

にも起こります。

しかし注意しなければならないのは、被代襲者が相続放棄をしていた場合には、その子は代襲相続によって相続人となることはできない、という点です。

相続放棄をした人は、はじめから相続人ではなかったことなるからです。

 

代襲相続が起こっている場合には、代襲相続人の相続分が判断しにくくなっていたり、相続人の調査や遺産分割に手間がかかったりと、対応に迷ってしまう方もいるかと思います。

お困りの際は是非、当法人までお気軽にご相談ください。

 

 

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・お申し込み