お問い合わせは:03-5720-1217

生命保険を活用しましょう

相続税は原則、金銭で一括納付することになっています。
そのため、不動産などの固定資産だけを相続した場合、売却して現金化しなければならず、売却時期によっては損する場合も出てきます。
そこでその対策として使われるのが、生命保険です。

生命保険は受け取った保険は“みなし相続財産”として、相続税の課税対象にはなりますが、「法定相続人数×500万円」は非課税になります。
また、保険に加入するのと同時に資金が準備できることになるのもポイントです。

当法人では保険会社と連携してお客様に最適なご提案をさせていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

不動産コンサルティング

相続でよくあるのが、相続生前対策としての土地の売買、相続後に使用しないので売却したいというケースです。
よりよい売却時期や特例の使い方など適切なアドバイスを致します。
 
安心の不動産会社をご紹介し、スムーズな売却が行えるようお手伝い致します。まずはお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

お問い合わせ・お申し込み